いつもの近所の河、鯉の様な大きさの魚が悠然と游いでいました。

image

ボラですね。それにしても、こんなに近くで見られるのは、河岸の緑道整備のお陰ですね。半人工では有りますが、東京の方が私の故郷よりも身近な自然を楽しみながらの散歩が可能です。
変な開発が繰り返される地方と比べれば、首都圏の整備に方が、幾分はましに思いますこの傾向が続くなら、東京一極集中も致し方ないのかもしれません。

さいたま新都心の駅。
ハイテック系のデザインですが、所々に錆が….。

image

この手のデザインは、上手く歳を重ねる事ができませんね。少し劣化が見えただけで急に偽物感が出て、しみじみした感じになってしまいます。
これを見ると、スターウォーズのセットの表現のスゴさを再認識します。劣化をも含め見事に表現されているのですから。
実物の建物よりも本物らしいと言うことでしょうか。
あるいは、建築のデザインの詰めが不十分なのでしょうか。

所用で、さいたま新都心へ、そこに普段あまり見かけないスケール感とプロポーションをした構造物が、

image

写真では判りづらいでしょうが、かなり巨大です。
高速道路の関連施設の様ですが、屋根や壁にあたる部分に開口がない形状であることもあり、モノコック成形された宇宙基地的雰囲気を醸し出してます。
そう言えば、駅周辺も昭和の頃に考えられていた近未来都市感に満ちてましたし、都市計画のテーマとなるコンセプトがあるのででょうかね~。

ベランダに繭玉が転がっていました。

image

ミシシッピーアカミミガメの卵です。我が家では、ミシシッピーアカミミガメとクサガメ一匹ずつが、飼育されており、昨年初めて産卵があった時には、大騒ぎになりました。この組み合わせでも、子供が生まれるのかと、色々調べたりもして。
調査の結果、無精卵で孵化する可能性ゼロであることが判明。ホッとするやら、ガッカリするやら。
二年目の今年は、落ち着いたもの。ゆっくり鑑賞して、ブログににU~pです。